運転恐怖症の克服法

運転恐怖症は、
教習所で激しく教官に怒られたり、

初心者の頃にうまく運転ができずに
事故を起こしそうになったり、

激しく怒られたりなどの恐怖体験が
元で車の運転ができなくなる
症状のことを指します。


運転恐怖症の発作は、
急に動悸が激しくなり
冷や汗が出て体が硬直するので
ハンドル操作もままならず、
視界が狭くなる状態です。


運転恐怖症の克服法ですが、
他の恐怖症と違って運転恐怖症は、

無理に運転すると、
本人が命の危険にさらされますし、

大事故を起こして多数の犠牲者をだし、
ニュースになりかねません。

森田療法を実践すると恐怖症が
克服できたという例が多いです。

森田療法とは、
1919年(大正8年)に森田正馬氏が
考案した神経質に対する心理療法です。

40日から3か月程度入院して
日記を書いたりしながら
徐々に治していく方法ですが、
近年は、通院による治療法もあります。

運転恐怖症の場合は、
他人に迷惑をかける場合があるので、
最初は公道を避けて練習したり、
車の少ない早朝などに走行練習してみると
良いかも知れません。

必ず、運転に自信のある人に
助手席にいてもらい、
恐怖を感じて運転を

回避したくなった際に
すぐに止まれるような状態で
運転しましょう。

危険が伴いますから、
運転をしなくて生活できる状況なら、
しない方が良いでしょう。


メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー