巨大建造物恐怖症の克服法

巨大建造物恐怖症は、
主に、大きな大仏や観音様、
生き物の形をした巨大オブジェなどに
恐怖を感じ
巨大建造物を見ようとするだけで涙が
出たり動悸が
するような症状が多いようです。


巨大建造物恐怖症の人たちは、
巨大ビルやスカイツリーのような日常で目にして
しまう巨大建造物に恐怖を感じる人もいれば、
ビルやタワーには恐怖を感じず、
観音様などの巨大オブジェだけに恐怖症を
感じる人もいます。



巨大建造物恐怖症に限らずですが、
恐怖症の克服には、
森田療法が有効であると言われています。


森田療法とは、1919年(大正8年)に
森田正馬氏が
考案した恐怖症に効く精神療法です。



遥か昔の治療方法なのですが、
現在も多くの病院で使われているのを見ても、
いかに優れた方法か
お分かりいただけるのではないでしょうか。


森田療法とは、
入院して40日から3か月の期間を使って社会と
隔離した状態で徐々に
症状を改善させていく方法です。


仕事などで入院できない人のために
通院治療する方法もあります。



巨大建造物恐怖症に対する森田療法の効果は、
全治に至るまで数十日から数年と個人差があります。



継続することで全治や軽快の可能性が上がります。



本来の森田療法では薬を使いませんでしたが、
現代では、
投薬治療と
森田療法を合わせて行うケースが多いです。

メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー