正視恐怖症の克服法


正視恐怖症は視線恐怖症の一種で、
常に自分自身が向ける視線によって
他人からどう思われているのかが
過剰に気になり、
生活に支障をきたす病気です。


相手と目を合わせて
会話をしている時に、

自分が相手に向ける視線によって相手が
自分のことを変に意識しているのではないかと

誤解してしまい、
目のやり場に困る、
相手の顔をみて会話することが
できないなどの症状が見られます。


また、学校や職場などで、
自分の座席が他人と向かい合っている状態の時に、


正面にいる人の顔や目が見られないなど、


自分の視線のせいで正面の人から変に思われ、
嫌われているのではないかと
過剰意識してしまうこともあるようです。


この正視恐怖症の克服法は、
主に精神科や心療内科などの
医療機関による治療や、
カウンセリングが友好的だと
言われています。


最近では催眠療法や森田療法など、
様々な神経症改善の手段が用意されており、
これらによって病気を克服した
患者さんは多いようです。


しかし、いずれも万人に
効果的とは一概に言えず、
長いスパンで自分に合う克服法を模索し、
改善にむけて地道に
努力するしか方法はないようです。


一言で正視恐怖症と言っても、
症状や度合いは千差万別です。


早く今の苦しみから
解消されたいからと焦らず、
ゆっくり時間をかけて
効果的な方法を見つけて下さい。


メルマガ『恐怖症完全克服法』



このページの先頭へ

激安レンタルサーバー