閉鎖恐怖症の克服

閉鎖恐怖症といわれる、
エレベーターや人口密度の
高い部屋に押し込まれ
「閉じ込められる」と
意識することで恐怖心が
起こる方たちがいます。


そうした恐怖症は、
感じない人にはなんとも思われず
理解されないことから、
一人で悩んでつらい思いをしてしまうもの。


そういった恐怖症を克服するために、
どんな方法が考えられるのでしょうか?
まず、心療内科などでお医者さんに
診断してもらうことが考えられますが、


恐怖症は病気とは違い実態が無く、
自分の意識による問題なので
「病院に通ったから良くなる」
というものでもありません。


心療内科で不安障害の
薬を処方してもらったり、
カウンセリングを受けることで問題と
向き合う気持ちはできるかもしれませんが、
最終的には自分の気持ちで
乗り越えなければいけない問題です。


閉鎖恐怖症を感じたからといって、
何か行動を起こさなければ自分の身に
危険があるわけでは無く、


自分の気持ちの高ぶりが異常な状態なのだと
意識する事、意識を変えていく事で克服して
いくしか無いことだと思います。


まずは少しずつ安全な状態から
なれていくのが良いと思います。


メルマガ『恐怖症完全克服法』



このページの先頭へ

激安レンタルサーバー