自己視線恐怖症の克服法

自己視線恐怖症とは、
他人の視線というより、
自分の視線が気になる神経症の一種です。

自分が見ている対象が不快に思っている
のではないかとビクビクしたり、
他人と目が合わせられなかったりと
日常生活のあらゆる面で目のやり場に
困って困惑してしまいます。


自己視線恐怖症の解消方法ですが、
うつ病やパニック障害を併発しているなら、
投薬治療が効果が出易いです。


SSRIという新薬を使っている心療内科や
精神科がほとんどだと思います。


以前の抗鬱剤より副作用が少ないとされています。
自己視線恐怖症の根本を治したいなら、
薬以外にも色々方法があります。


医師やカウンセリングルームで行われたり、
CD講座や書籍などで独学する方法もあります。


自己視線恐怖症の克服に役立つ心理療法には、
認知行動療法、TFT療法、催眠療法、
NLPなどがあります。
中でも認知行動療法は、医師も広く使っている
心理療法です。


自分がどうして自己視線恐怖症になったのか、
その原因は何かなど自己分析して自己視線恐怖症と
向き合うことで恐怖を減らしていくような方法です。


自己視線恐怖症と向き合うのはつらいことですが、
逃げていてはいつまでも自己視線恐怖症を
克服することが出来ません。

完治するまでに数か月から数年を要しますが、
薬物治療のようにその場しのぎでは無く、
認知行動療法をやめてもずっと完治した状態を
キープできるのもメリットです。

メルマガ『恐怖症完全克服法』



このページの先頭へ

激安レンタルサーバー