尖端恐怖症の克服法

尖端恐怖症の克服法は、
認知療法や薬物治療などが挙げられます。
認知療法と薬物治療を併せて行う場合も
あるでしょう。


認知療法とは、簡単に言いますと、
自分の行動や思考を紙に書きだすことで認知し、
分析することで治していく方法です。


認知療法は、数か月で効果の出る人もいれば、
数年かかる人もいます。

薬のように副作用が無いのがメリットですが、
効果が出るまでに時間がかかるので、
重篤な症状の場合は、
投薬治療の方が効果的かも知れません。


比較的、尖端恐怖症の症状が軽度な場合は、
認知療法について書かれた書籍を
参考にして独学でやる方法もあります。


なんとなく紙に書くだけでは無く、
自分自身の考え方や行動を俯瞰して
分析することで効果を発揮します。


心理カウンセラーの新田氏が実践し
多くの実績を上げている恐怖改善マニュアルも
尖端恐怖症の症状に効果を発揮します。


尖端恐怖症だけでなく、
閉所恐怖症や対人恐恐怖症などにも
効果を発揮します。


新田氏の恐怖症改善方法は、
TFT(思考場療法)を用いています。



TFTとは、1970年代にアメリカの心理学の
パイオニアの一人であるロジャー・キャラハン博士が
考案した方法で、日本でも日本TFT協会が発足しています。

メルマガ『恐怖症完全克服法』



このページの先頭へ

激安レンタルサーバー