虫恐怖症の克服法

虫恐怖症の克服法についてです。


虫恐怖症とは、虫が苦手というのを超えて、
虫に強い恐怖感を感じ、虫を見ただけで
「キャーキャー」と叫んでしまったり、
逃げ回ってしまうような重度な虫嫌いのことです。


誰しもゴキブリが苦手だったり、
大きな蛾や毛虫などは、怖いと感じます。


野菜に幼虫が付いていたら、多少のトラウマになります。


でも、虫恐怖症までの重い症状になると、
道端で死んでいる虫を
見ただけで叫んだり飛び上がったり、
野菜を切っていて虫がついていたら、


もう、同じ野菜が切れなくなるなど
周りに迷惑をかけてしまいますし、
本人もストレスが溜まり、
生活に支障をきたします。


虫恐怖症の克服法ですが、
認知療法やTFT(思考場療法)が考えられます。
認知療法は、自分の中でいつ、
どんな理由で虫が嫌いになったのかを考えたり、


頭の中で苦手な虫をイメージして
徐々に虫に慣れて恐怖を感じなくさせて行く方法です。


TFT(思考場療法)は、
1回5分程度の鍼のツボを指で
タッピングするセラピーです。


「ツボ打ちTFT療法」
という書籍を読むと詳しく記載されています。


メルマガ『恐怖症完全克服法』



このページの先頭へ

激安レンタルサーバー