低所恐怖症の克服法


高い所が怖くて仕方ないという
高所恐怖症はよく聞きますが、
低所恐怖症というのはあまり
聞いたことがありません。


しかし、実際に存在するのです。


高所恐怖症は、重度の不安障害で、
高い所が苦手というのは
高所恐怖症には含まれません。


実際の患者は1メートルくらいの
脚立の上でも恐怖を感じると
言われています。


それに対して低所恐怖症は、
低い所が怖くて仕方ないというもので、
一般的な感覚とは異なる恐怖を覚えます。


高所恐怖症が高い所にいると、
落ちてしまうのではないかと
不安に苛まれるのに対し、


低所恐怖症の場合、
常に高い所にいなければ
落ち着かないという
異常な恐怖を感じます。


本来、低所恐怖症は、
低い所が怖くて
仕方がないというものではなく、
高い所からの圧迫感に
恐怖を覚えると言われています。


つまり、低い所から高い場所を
見上げるのが苦手で、
空から何かが落ちてきたり、
吸い込まれるような恐怖を
感じるようです。

低所恐怖症は、
高層ビルに囲まれた日常生活や、
天井の高い空間に居続けることで
起こりやすいとされています。

克服法としては、外出を避けず、
慣れによって、心を落ち着かせて
いくしかないようです。


メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー