ボタン恐怖症の克服法


ボタン恐怖症とは、
洋服についているボタンに
恐怖感を感じる症状で、
ブザーなどの押しボタンの
意味ではありません。


ボタンに触るだけでけがらわしく感じて
手を洗ってしまったりボタンを見ると
気分が憂鬱になる症状です。


ボタン恐怖症の患者は比較的少なく
75000人に1人程度と言われています。


ボタン恐怖症の克服法ですが、
パニックになったり鬱になったりと
ひどい症状がある場合は、
投薬治療をお勧めします。


薬を飲むことで精神的に落ち着いて
根本的な克服法を実践できます。



投薬治療の他は、
TFTという鍼のツボをタッピングする
心理療法や催眠療法などがあります。


TFTも催眠療法も医師や
専門の知識を持っている
カウンセラーや催眠療法士に
依頼するのですが、


比較的症状が軽い場合や近くに
TFTや催眠療法をしてくれるところが
見つからない場合、
書籍でノウハウを知ることもできます。
まずTFTや催眠療法について知って


自分に合いそうな方を選んだら
良いかと思います。
どんな克服法が自分に合っているのか
人それぞれ違いますので、
検討してみてください。



メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー