電話恐怖症の克服


電話恐怖症といわれる電話が
嫌いで恐いという気持ちを抱いてしまう人がいます。
そうした電話恐怖症はどうすれば克服できるのでしょうか?



まず、なぜ電話が恐くなってしまうのでしょうか?
それは、電話の持つ性質や表情や仕草が見えないなどの
特徴が関係していると思います。




一般的に、家族や友人などと会話する分には
何も緊張感などは感じませんし、
初対面の人や形式的な対応が必要とされる場面でも、
緊張しても相手の姿や表情が見えれば
そこまで恐怖を感じることはありません。




しかし、電話の場合は相手の姿が見えないせいで、
相手が自分にどんな感情を抱いているのかを
声だけで判断するしかなく、




しかも「仕事の電話で対応に失敗すると
大きな問題になる可能性がある」
という経験があると、電話を過剰に意識しすぎて、
こうした電話恐怖症といわれるような
状態に陥ってしまうのだと思います。




では、こうした症状を少しでもやわらげるには
どうしたらよいのでしょうか?


こうしたトラウマ経験を
薬で治すことは難しく、
治そうと意識しすぎることでさらに恐くなるという
悪循環が起こってしまいます。



こうした恐怖症を克服するには、
意識を電話以外に向ける必要があります。
電話で話している相手に意識を向けたり、
自分の気持ちに意識を向けて電話を
意識しない会話を心がけましょう。


メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー