注射恐怖症の克服法


注射恐怖症とは、読んで字のごとく、
注射に恐怖を感じる症状のことを指しますが、
普通の人が感じるような怖いなぁとか



嫌だなぁというのを超えてさらに強い不安を感じ、
動悸、発汗、吐き気、
気が遠くなるような状態になることもあります。



針が体に刺さるのが怖い人、
得体の知れない薬が体に入るのが怖い人、
血が抜き取られるのが怖い人など理由は様々です。



注射恐怖症の克服法ですが、慣れるのが一番です。
定期的に注射を打つような場合は、回数をこなせば、
「思ったより痛くないし、何も起こらない」と理解し、
徐々に恐怖が和らぎます。



たまにしか注射をしない場合は、
認知行動療法が最適です。
詳しくは、書籍などになっていますが、



自分の恐怖について考えて注射の何が怖いと
感じているのかを紙に書きだして認知し、
どのように行動すればいいのかを分析します。



頭の中で注射をするイメージを
定期的に繰り返して行くと、恐怖を克服します。
最近、子宮頸がんのワクチン接種後に
失神した人の報告が567件もあったそうです。



注射恐怖症の人は沢山いますので、
自分だけがと悩まずに克服していきましょう。


メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー