水恐怖症の克服法


水恐怖症とは、小さい頃におぼれた経験などから
水が極端に怖くて海やプールに近寄れなかったり、
入ろうとすると動悸がしたりパニックを起こすような
症状のことを言います。



ひどいときには、シャワーやお風呂などの生活に
必要な水さえ恐怖を感じる場合もあります。
原因は、トラウマなどにより、
本来よりも水がとても怖いものに思えることにあります。



意識的な問題であり、水恐怖症などの恐怖症は、
自分自身の心が作り出してしまっているケースが非常に多いです。
一般的な恐怖症の治療方法は、「認知行動治療」、「薬物療法」、
「心理療法」などがあります。




薬物療法は、精神的に安定するかも知れませんが、
薬を飲んでいる間の一時的な効果であり、
薬をやめてしまえばぶり返す可能性があります。



認知行動療法や心理療法も
効果がある人もいるのでしょうが、
治るまでに時間がかかる場合もあり、個人差があります。
TFT(ティ・エフ・ティ)という
治療テクニックをご存知でしょうか。




アメリカの心理学の先駆者である
ロジャー・キャラハン博士が考案した方法で、
極度の水恐怖症の女性に偶発的に
タッピング(ツボを指先で叩いて刺激)してら、
すぐに治ってしまったことがきっかけで生まれた方法です。




TFT(ティ・エフ・ティ)は、
自宅で試せる方法がありますのでお勧めです。


メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー