視線恐怖症の克服法


視線恐怖症とは、対人恐怖症の中でも、
視線が気になってしまう症状です。


さらに視線恐怖症も細分化されていて、
他者視線恐怖症は周りの視線が気に
なって恐怖を感じたり動けなくなったり、
動きが不自然になります。



悪化すると人と交流するのを避け、
引きこもりになります。



他に自己視線恐怖症、正視恐怖症、
脇見恐怖症など、自分が人をまともに
見れないような症状があります。


視線恐怖症の克服法は、症状が重篤で
うつ病やパニック障害、引きこもりなど
になっている場合は、心療内科や精神科で
カウンセリングを受けて薬を処方して
もらうと良いでしょう。



自分で治したい場合や薬を使わずに
カウンセラーに診てもらいたい場合は、
認知行動療法、TFT療法、催眠療法があります。



いずれも恐怖症全般の症状に効果があるので、
視線恐怖症の他にも対人恐怖症や赤面症、
あがり症などにも併せて効果を期待できます。



どの療法があっているのか書籍など
で検討し、独学しても良いですし、
予算が合えば、カウンセリングに
通いながら克服していく
のをお勧めします。


視線恐怖症の克服して楽しい
毎日を過ごせると良いですね。


メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー