血液恐怖症の克服法


血液恐怖症とは、採血をしていたり、
けがをした人を見るだけで意識が遠く
なったり、倒れてしまうような恐怖を
感じる症状です。

ひどい人になると、テレビで流血して
いるのを見たり、血の話をするだけで
倒れそうになるようです。


倒れたり倒れそうになるだけでは無く、
胸がドキドキしたり、吐き気、冷や汗、
めまいの症状があるようです。


目の前が真っ暗になることもあります。


血液恐怖症の克服法は、暴露療法が効果的です。


暴露療法は、認知行動療法のひとつでもあり、
血を見る現場でひたすら慣れるのを待つという
ことです。


しかし、暴露療法は、あまりやり過ぎると、
ストレスでますます血液恐怖症が悪化する
原因になりかねませんので注意が必要です。


よく医師や看護師で血液を見て倒れそうに
なる人もいるようですが、経験を重ねて
平気になると聞きます。


よほど重度では無い限り、この荒療治とも言える、
経験が血液恐怖症の克服法になりそうです。


また、恐怖所全般に効果があると
言われているのが心理カウンセラーの
新田義治氏が薦めているTFTという方法です。


TFTは、かなりの即効性があり5分や10分で
恐怖症が治ると言われています。TFTは、
アメリカの心理学のパイオニアである
ロジャー・キャラハン博士が考案した方法です。


日本では思考場療法といいます。TFTは薬を使わずに
効果が出る方法なので人気な血液恐怖症の克服法です。


メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー