音恐怖症の克服法


音恐怖症とは、突然大きい音や声がしたり、
何の音か分からない音を聞いたときに異常な
恐怖感を感じる症状です。  



悪化するとパニック症状を起こしたり、
気を失ったりする場合もあります。



例えば、雷や風船の割れる音、クラッカーを鳴らした
音等の大きな音から、電子レンジ、携帯電話の音などの
日常生活の音に反応する場合もあります。



音恐怖症の克服法ですが、投薬治療、TFT療法、催眠療法、
認知行動療法など様々な治療法があります。



投薬治療ですが、うつ病などを併発して自殺願望や
激しい落ち込みが続く場合などに有効です。



投薬治療の場合は気持ちが楽になりますが、
根本的な音恐怖症の克服になるかというと、
ならない場合がほとんどだと思います。



次にTFT療法ですが、鍼のツボをタッピングして治す方法です。
効く場合は5分や10分の治療で劇的に良くなる場合もあります。



催眠療法は、催眠術とは異なり、無意識の潜在意識に
直接語りかけて治す方法です。




認知行動療法は、何故自分が音恐怖症になったのか、
音の何が怖いのか等を紙に書きだして認知しどのように
解決していくかを考えるような方法です。



投薬治療以外は、医者かカウンセラー、催眠療法士などに診てもらうか、
書籍などを購入して独学するケースもあります。



メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー