がん恐怖症の克服法

再発を繰り返してしまう



がん恐怖症とは、病気恐怖症の一種であり、主に
近親者ががんにかかった人が発症することが多い症状です。



ちょっと胃が痛いと「胃がんじゃないかな?」
内出血ができると「白血病で死んでしまうのでは」
という 恐怖が人よりずっと強くて、うつ状態になったり、
不眠になったりと日常生活にも支障をきたす場合もあり ます。



がん恐怖症の克服法ですが、今、不安でどうしようもない、
このままでは心が壊れてしまいそうだと感じるほど重傷な場合は、
まず、心療内科や精神科で医師に話を聞いてもらい、
薬を処方してもらった方がいいでしょう。



心の安定が得られ、がん恐怖症の症状も楽になります。



ただ、投薬治療の場合、根本の恐怖症が治らず、
再発を繰り返してしまう場合があります。



時間がかかっても根本を治したい場合は、
認知療法がお勧めです。



クリニック等で提唱しているところもあるでしょうし、
比較的軽度なら、書籍を読んでも可能です。



簡単に言いますと、認知療法は、自分の今の状態や
感じ方を書きだすことで認知し、どのように自分の
症状に対応していくかを考えてがん恐怖症を克服していく方法です。



メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー