嘔吐恐怖症の克服法

拒食症になってしまう



嘔吐恐怖症は、もともと持っていた気質が
嘔吐が苦手だった人が、実際に嘔吐したときに
「嘔吐は嫌な物だ」と感じてしまい、発症する
ことが多いようです。



本人は、発症したとは気が付かないまま、
嘔吐することが怖くなり、ひどい場合は、
食べると吐くと思って、拒食症になってしまう
深刻な状態です。



嘔吐恐怖症の克服法は存在しますので、深刻な
体調不良を起こす前に根本を治してしまいましょう。



まず、嘔吐恐怖症からうつ病やパニック障害など
精神的につらくて大変な状態なら、精神科や
心療内科に行って薬を処方してもらう手段があります。



うつや悩んでいた気持ちが緩和されることでしょう。



しかし、根本的な嘔吐恐怖症は投薬治療で
完治することは少ないかも知れません。



根本から嘔吐恐怖症を治したい場合は、
認知行動療法、TFT療法、催眠療法などを
用いて治療します。



認知行動療法は、多くの医師やカウンセラーが
取り入れて効果を発揮している方法です。


まず、自分がいつ嘔吐恐怖症になったのか、とか、
嘔吐の何が怖いのかなどを認知するところから始まります。



TFT療法は、鍼のツボをタッピングする方法です。



催眠療法は、
脳の無意識の状態に働きかけて治療します。



いずれもカウンセラーや医師に相談するにしても、
カウンセリングルーム等によってやっている方法が
異なりますので事前にリサーチが必要です。


書籍を見て自分で治す方法もあります。



メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー