醜形恐怖症の克服法

実は、そうでもないことが多い



醜形恐怖症とは、 自分の容姿が極端に気になる
神経症
で、症状がひどいとうつ病を併発したり、
引きこもりになったりもします。



美容整形を行う人もいますが、 自分が醜いと
過度に思っているだけで、 実は、そうでも
無いことが多いようです。




醜形恐怖症の克服法ですが、うつ病や引きこもり
などの症状が出てつらい場合は、心療内科
や精神科で医師の診察を仰いでください。



投薬治療は、新薬のSSRIが使われることが多いのですが、
以前の抗うつ剤と比べて副作用が少ないと言われています。



投薬治療は、そのときのつらい気分の落ち込みなどを
抑えて前向きにしてくれますが、醜形恐怖症の根本を
克服できていない場合が多いです。



投薬治療で精神的に安定したり、薬を飲むほどの
症状で無い場合は、心理療法を行って醜形恐怖症の
根本の克服をしていきましょう。



心理療法には、
認知行動療法、TFT療法、催眠療法、NLPなど
沢山の方法がありますから、どれが自分に合うか
を考えたり調べたりして実践すると良いでしょう。



それぞれに専門のカウンセラーがいます。



ただ、カウンセラーに診てもらうと保険が
効きませんので、予算が無い人は、書籍や
CD講座などで独学で治療する方法もあります。


醜形恐怖症を克服して1日も早く、楽しい毎日を送れると良いですね。



メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー