閉所恐怖症の克服法

「閉塞感」によって起こる



閉所恐怖症の克服法についてご紹介します。



閉所恐怖症とは、狭い圧迫感のあるような
場所に行くと、恐怖を感じたりします。



閉所恐怖症は、 「閉塞感」によって
起こることが多い
ようです。



閉所恐怖症の克服法ですが、閉所恐怖症の症状が
ひどくて 日常生活に支障をきたしていたり、 うつ病や
パニック発作を併発
しているようでしたら、精神科や
心療内科などでカウンセリングを受けて、薬による
治療をするのが良いと思います。



投薬治療に抵抗を感じる方もいらっしゃるでしょうが、
SSRIという新薬は、 以前の抗うつ剤より副作用が少ない
とされています。



それに、気分の落ち込みがひどく、自殺願望なども
ある場合は、前向きに閉所恐怖症の原因を無くそう
という気持ちにはなれないと思いますので、まずは、
気持ちの回復を図りましょう。



気持ちが落ち着いて閉所恐怖症を克服しよう
という状態でしたら、心理療法をお勧めします。



心理療法には、色んな種類があり、同じ種類でも、
細かい点は、医師やカウンセラーによっても異なります。



具体的 には、
認知行動療法、NLP、FFT、催眠療法などがあります。



直接カウンセリングを受ける場合は、
費用が高価である場合も多いです。



価格面で折り合いがつかなかったり、
他者に会わずに治したい場合は、CD講座を使ったり、
書籍を読んで独学で治すことも可能です。



閉所恐怖症を克服して明るい毎日を過ごしましょう。



メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー