社会恐怖症の克服法

根本的な治療



社会恐怖症とは、対人恐怖症とも言います。


あがり症、赤面症、雑談恐怖症などの症状
社会恐怖症の中に含まれます。


社会恐怖症の克服法は、いくつかあります。



まずは、心療内科や精神科で
カウンセリングしてもらい、投薬治療をします。



薬は比較的すぐに効果がでて
精神的に安定し、症状が楽になります。



でも、投薬治療の場合は、 根本的な治療では
ありません
ので、大抵の場合、社会恐怖症が
無くなるものではありません。



次に認知行動療法です。


自分の社会恐怖症はどんなものかを認知し、
どのように克服していくかを紙に書きだして
分析する方法です。



クリニックなどでやっているところもありますし、
書籍を購入して独学することも可能です。



次にTFT(思考場療法)ですが、アメリカの
心理学者であるロジャー・キャラハン博士が
考案した方法で比較的新しい心理療法です。



具体的には、鍼のツボをタッピングすることで
症状が改善します。



早い人で5分~10分で効果が表れます。



次に催眠療法ですが、
社会文化功労章も受賞したことのある、
大滝保氏が提唱している方法です。



自宅でも実践できるので人気の方法ですが、
恐怖症について正しく理解し、イメージしながら
例題を呼んで催眠誘導の音声を聞いてリラックス
するだけの方法です。



色んな社会恐怖症の克服法がありますので、
自分に合う方法を見つけてたのしい毎日を送れるといいですね。



メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー