恐怖症のベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果と副作用

半年以内の短期での服用



恐怖症に対するベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果は、
神経の過剰な反応を抑えることが出来ます。



脳内ホルモンや感情をコントロールする個所に
効き目があるので 恐怖症の原因を緩和し、
リラックスした状態を維持
することが出来ます。



ベンゾジアゼピン系抗不安薬は、依存性が少ないとの
見解もありましたが、ベンゾジアゼピン系抗不安薬の
連続投与により、むしろ、恐怖症やパニック障害の症状を
引き起こしてしまうこともあるようです。




ベンゾジアゼピン系抗不安薬は、
半年以内の短期での服用が望ましいようです。



副作用としては、半年以上飲み続けると、
身体的・精神的に悪影響を及ぼすことが多いようです。



服用している際の副作用は、
注意力や集中力の低下、眠気、めまい、頭痛など
が挙げられます。



急に投薬治療をやめてしまうと、
禁断症状や不眠症、不安、不快、筋肉痛
などの症状がでることがあります。



ベンゾジアゼピン系抗不安薬は、恐怖症の治療に
短期的に効果を発揮しますが、摂取量を守っていても、
長期的に飲むと、 依存性があるので、注意が必要です。



恐怖症緩和することは可能ですが、
根本的に恐怖症を克服したいなら、投薬治療より
心理療法の方が効果が高いようです。



メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー