恐怖症の三環系抗うつ薬の効果と副作用

服用期間が長くなれば



恐怖症に悩む人に、
三環系抗うつ薬の効果と副作用をご紹介します。


まず三環系抗うつ薬とはどんなものなのでしょうか?



三環系抗うつ薬とはうつ病の薬として古くから
用いられていて、セロトニンやノルアドレナリンなどの
神経物質に作用して 精神の安定や、やる気や集中力を
増やす効果
があります。



その反面、副作用として口の渇きや便秘、
排尿困難や眠気などの影響があります。



服用してすぐに効果が現れる物でもなく、
効果がでるまで、2~3週間ほどの服用が必要で、
服用期間が長くなればなるほど副作用の影響も
大きくなります。




三環系抗うつ薬の他に
「四環系抗うつ薬」や「SSRI」「SNRI」
などに分類される抗うつ薬もあり、こちらは
三環系抗うつ薬よりも効果が薄い分副作用も軽減されます。



現在でもうつ病の原因は完全には分かっておらず、
うつ病の薬もセロトニンやアドレナリンがうつに
関係があるという仮説をもとに処方されていて、
実際にどの薬が聞くのかは人によって違うようです。



名前の通りうつ治療の薬ですが、
精神を安定させる効果があり、最近では
恐怖症の治療にも使われているます。



メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー