恐怖症のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の効果と副作用

副作用が
従来の抗鬱剤より少ない


恐怖症のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は、
抗うつ剤の一種です。


現在日本で認められているSSRIは、
SSRIはフルボキサミン、パロキセチン、
セルトラリン、エスシタロプラムがあります。



効果は、神経伝達物質である
セロトニンとノルアドレナリンの両方に
作用するので、優れた抗鬱効果があり、
不安を取り除く効果のある薬です。



「高所恐怖症」、「閉所恐怖症」、
「赤面恐怖症」、「対人恐怖症」他
様々な恐怖症にも効果があると言われています。



SSRIは、これまでの抗鬱剤と比べて
副作用が少ないと言われています。



口が渇く、便秘、目がかすむ、強い眠気、
起立性低血圧、吐き気などの 副作用が従来の
抗鬱剤より少ない
とされていますが、
個人差がありますが、症状が出ます。



SSRIには、食欲不振や食欲過多、体重減少や増加、
性欲以上などの副作用が多いようです。


特にセロトニンの再吸収阻害作用が強いと
性機能の副作用が多く出ます。



また、突然、服用中止すると、頭痛、吐き気、
フワフワめまい、幻聴など重篤な副作用が強く出るので、
医師の指示をよく聞いて中止する必要があります。



メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー