恐怖症の薬物療法

精神的に負担が大きい場合



恐怖症の薬物療法についてです。


恐怖症の症状にも薬物療法が用いられています。



SSRIという比較的新しい薬を用います。



今までの抗うつ薬よりは、
副作用が弱いとされています。


効果としては、
気持ちを落ちつけてうつ症状を緩和、
心を元気にしますので、 気分が楽になり、
恐怖症の症状もある程度緩和されます。



薬物療法は他の恐怖症治療と比べて効果が早く
出易いので、 精神的に負担が大きい場合には、
有効な方法
です。



恐怖症があるけれど、気分は安定していて
うつ症状などが無い場合は、あまり薬物療法は
向かないと思います。



薬物療法の副作用は、
眠気、吐き気などの症状が出る場合があります。



SSRIの薬には、薬をや める際に 突然薬を経つと、
頭痛、吐き気などの症状
が出ますので、やめたい場合も
医師に相談して徐々にやめることが必要です。



なるべく副作用のリスクを負いたくない場合は、
催眠療法、TFT療法、認知行動療法などの薬を
使わない方法をお勧めします。



精神科や心療内科にかかると、たいてい薬を
処方されますので、カウンセリングルームなど
に通うかあまり症状が重篤でない場合は、
書籍を読んで独学する方法もあります。



メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー