恐怖症の対人関係療法

マインドに変化を起こす



対人関係療法は、
「あがり症」、「対人恐怖」、「赤面症」などの
社交不安障害と呼ばれる恐怖症の克服に効果があります。



対人関係療法でなおす 社交不安障害」という本に
詳しく対人関係療法のノウハウが書かれています。



まずは、自分の恐怖症がどういう病気なのかを知り、
どのように社会とかかわっていけばいいのかを学び、
治療での着地点も教えてくれます。


恐怖症の患者の 家族がどのように
対処していけばいいのか
を教えてくれます。



対人関係療法は、IPTとも言います。


アメリカのクラーマン博士が開発した
対人関係療法は、アメリカの精神医学会でも
有効な治療法として認知されています。



対人関係療法の治療方法は、短期間ですが、
治療後も 長期にわたって効果があると言われています。



対人関係療法は、対人関係が苦手な性格を改善するもの
では無く、自分の気持ちに影響を与える家族や交際相手など
との関係性を考え、出来事や状況などを自分なりにまとめ、
今後の努力の方向性などを検討したり計画を立てて
ストレスを改善する方法です。



対人関係の力を利用して 自分のマインドに
変化を起こすスキルを身に着ける方法
です。



自尊心や自然治癒力を最大限に回復させて病気を
治す治療方法なので薬の副作用を心配する必要がありません。



メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー