恐怖症の認知行動療法

症状が軽減



社会不安症の一つである恐怖症ですが、広場恐怖症などの
特定の場所に対する恐怖症や、対人恐怖症があります。



恐怖症に対する治療法に、認知行動治療があります。



認知行動治療は、 特定の行動や動作で
恐怖症の症状を抑える
というものです。


恐怖症の認知行動治療法として、
自律訓練法があります。


これは、運動で 自律神経を
間接的にコントロールする
というものです。



数秒間の短い緊張と、その後の脱力を
繰り返すことで発作状態になるのを防ぐ事ができます。



恐怖症になりそうな場合、自律訓練法では、
体に力を入れて数秒間保持し、その後、ぱっと
力を緩めてリラックスします。



これで、神経も反応して
パニック症状が軽減される場合があります。



また、恐怖症の認知行動治療として、
腹式呼吸があります。



これは、鼻から3,4秒間ぐらいゆっくりと
息を吸い、またゆっくりとお腹がへこむぐらい
息を吐き出すというものです。



息を吐き出す時に、意識してリラックスします。



普段からトレーニングして、 緊張状態に
なったときにはすかさず認知行動治療をしましょう。



ただ、これでは改善できないものもあり、その場合、
抗不安薬などと併用するのがいいです。




メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー