恐怖症性不安障害

悪化すると…



恐怖症性不安障害とは、 普段は恐怖を感じない
ようなシーンでも何かしらの恐怖を感じてしまう

障害のことをいいます。



恐怖症性不安障害は、症状別に細分化さ れています。



恐怖症性不安障害には、
「広場恐怖症」、「対人恐怖症(社会恐怖症)」、
「特定のことに恐怖を感じる恐怖症」
があります。



広場恐怖症は、広場だけでは無く、外出することに
恐怖を感じ、悪化すると家から出られなくなります。



広場恐怖症には若い女性が多く、
パニック障害を併発することもあります。



対人恐怖症は、あがり症とも呼ばれ、人前で注目される
ことを極端にストレスに感じ、赤面症、表情恐怖症、
視線恐怖症などの様々な状況を引き起こします。



対 人恐怖症は、恥を重んじる
日本人の性格に発症することが多いです。



外国人と比べると、 日本人は
とても対人恐怖症になりやすい
ようです。。



特定のことに恐怖を感じる恐怖症というのは、
高所恐怖症、閉所恐怖症、暗闇恐怖症、刃物恐怖症
などがあります。




中には、血液を見るのが怖かったり、死に対して
過剰に考えてしまう症状など色んな恐怖症があります。



広場恐怖症や特定の恐怖症は、
パニック発作がきっかけで発症することが多いです。



対人恐怖症は、思春期に恥ずかしい思いなどを
経験したことから発症することが多いです。



メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー