恐怖症の怖い症状

放っておくと進行



恐怖症は、恐怖神経症といって
特定のものが怖いという症状です。



先の尖っているものが怖いのは、先鋭恐怖症です。


ペンや針などの先の鋭く尖っているものが怖いのです。



また、猫などの動物に対して
過度の恐怖を抱く症状があります。



恐怖症のなかでも多いのが、広場恐怖症です。



これは、広場に限らず、特定の場所に対して
抱く恐怖で、エレベーターや広場、人込みなどが
あると恐怖に感じます。



それによって 外出ができなくなることもあります。



また、 パニック障害に進行する場合もあります。


恐怖症には、自分の表情などに恐怖を抱くものもあります。


話している際に、自分の表情について醜いのでは
ないか、とか笑顔が引きつるなどの症状がありま す。



多くの場合軽度の症状がある場合に、
放っておくと進行してしまう事が多いようです。



社会生活を営んでいく上で妨げを感じるように
なるなら、専門医に診断を求めてみることが必要です。



行動治療をしたり、
抗うつ薬や抗不安薬を処方してもらえます。


これによって恐怖症が軽減されることが多いようです。



メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー