恐怖症の自己診断方法

10~15位の質問



恐怖症の自己診断方法をするなら、
チェックシートを使うと良いでしょう。


大抵、10~15位の質問に分かれています。



そのチェックシートによっても異なりますが、
当てはまる項目が多いほど、恐怖症の可能性が
大きくなり、チェック項目の状態が強ければ、
自分の恐怖症が強い症状であると言えます。



あまり強くは 感じないけれど当てはまる項目が
多いという場合も、深刻な状態ではない可能性が
高いですが、 恐怖症である場合が多いです。



ある程度自己判断であたりをつけて 軽度の場合は、
CD講座や書籍などで自分で治しても良い
でしょう。



症状が重くて日常生活にも支障が出て困る場合は、
医師やカウンセラーに診てもらう方法も検討してください。



投薬治療ですが、今、とてもつらい精神状態で
うつやパニック障害の可能性があるなら、
速やかに投薬治療をするのがベストです。



精神が 安定し、気持ちが明るくなるので、次に
恐怖症の根本を治すことも意欲的に考えられると思います。



自分が本当に恐怖症であるか分からないのに急に精神科や
心療内科に行くのは抵抗があるかたも多いと思いますので、
恐怖症の自己診断方法を有効に使ってみてください。



メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー