恐怖症の種類は

一般的には理解できないほどの
強迫観念に苛まれる



恐怖症とは不安障害の典型的な症例で、ある一定の
ものに対して 一般的には理解できないほどの
強迫観念に苛まれる
ことです。



恐怖症の種類としては、公共交通機関や人ごみなどに
恐怖を感じ、避けて通らずにはいられなくなる広場恐怖症を
始め、人の視線に対して極度に緊張してしまう対人恐怖症、
人前に出ると赤面したり震えてしまったりする社会恐怖症など、
多岐にわたります。




これらの種類の恐怖症は、 重症化すると
社会生活を営む上で支障をきたす
こともあり、
引きこもりやうつ病にまで発展し、医療機関での
治療が必要になる場合もあります。




また、 特定のものに対してだけ恐怖心を抱く
軽度の恐怖症の種類としては、高い所で恐怖を
感じる高所恐怖症や、尖ったものに過剰反応する
先端恐怖症、狭い場所で息苦しくなる閉所恐怖症、
暗い場所でパニックになる暗所恐怖症などもあります。



恐怖を感じた時に出る症状にもよりますが、
こういった日常生活に支障のない程度の軽い恐怖症なら、
あえてその恐怖を感じるものがある環境に身を投じることで
慣れさせてしまう・・・という治療法もあるようです。



メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー