恐怖症になってしまう原因

トラウマになっている状態



恐怖症になってしまう原因はいくつか考えられます。



一番多いのは、恐怖症である対象に対して強烈に
悪い思い出があって トラウマになっている状態です。



もしくは、嫌いになった原因を探しても
分からず、ものごころついたころからすでに
生活に支障をきたすほど、苦手だったのが
大人になっても治らないというのもあると思います。



恐怖症は、生まれつき性格的に苦手だったことを
生活の中で体験しストレスが強く加わったことで
さらに苦手になってしまった状態が多いようです。



「高所恐怖症」の人は生まれつき高所が苦手だった
のにもかかわらず、高い場所で恐怖経験をしたことで
尚更、高所が苦手になってしまいます。




「対人恐怖症」の人は、もともと内向的などの理由
で人と話すのが苦手な性格の上に、学校で嫌なことを
言われたなどの理由で人と話すのが怖くなってしまいます。



恐怖症のピークは、15分以上は続かないと言います。




15分を超えて恐怖から逃げずにいることで
恐怖に慣れて楽になっていくと言います。



ただ、自分のキャパを遥かに超えて
強いストレスを感じるとさらに トラウマになって
症状を悪化させます
ので注意が必要です。



メルマガ『恐怖症完全克服法』


このページの先頭へ

激安レンタルサーバー